【sea lady】ヒト幹細胞培養液の化粧品使ってみた感想 !/ ヒト幹細胞美容液とはなに?使い心地は?

志乃です。

お肌に悩む年頃になってきました。

年はとりたくない!!!

女性もぴちぴちとしたお肌を求めるのだから、世の中の男性がぴちぴちを選ぶのも仕方ないと言えば、しかたないのかもしれない・・・が、肯定はしません!

10代、20代の時は、お肌のことなんて全く考えてもいませんでした。

安い化粧品で、たっぷりと使えばいい!!

高い化粧品だとケチって少ししか使わないから、浴びるほど使える安い化粧品が一番よい!

ってことで、安い化粧品「ちふれ」を使っていたけど、肌の劣化には対抗できないお肌年齢に突入。

すっご~く昔の話だけど、ちふれって石油成分が少ない?使われていない?って言われていたらしく、良い化粧品なんですって。

「○○成分、○○成分、たっくさんの○○成分入り」となっていても、石油成分90%以上の中に入っている。

肌に石油を塗っているものだという話を聞いたことがあります。

それはそれで、「ほ~ぅ!!なんだか納得。」と思ってしまいました。

でも、たっくさん使えばいい!っていうだけでは、老いてくるお肌にはかなわないんですね。。。

かなし~い現実に向き合い。

でも、そんなお肌に救世主、

ヒト幹細胞培養液の化粧品。

 

ヒト幹細胞美容液を使ってみて!!


「幹細胞美容液」

魔法か?!嘘か?!

そんな、魔法のような、嘘のような化粧品が出てきたんです。

先に言っておきますが、

これは使う価値ありです!!

美容整形したように変わるものではありませんが、使って損はありません!

なので、「いいよ~」と言いたくて、幹細胞培養美容液とはどんなものかも含めお話ししま~す。

 

いったい幹細胞培養液とはなに?


1.幹細胞培養液を使ったリンゴの話


「幹細胞培養液」????

と聞いたって、果たして何のことか????全くわかりませんでしょ?!

私もいったいなんのことやら???と思い

調べてみたら、

幹細胞培養液を使ったリンゴが腐らない。

いつまでもみずみずしいリンゴの姿を保っていた。

っていうのも見つけました。

幹細胞培養液を与えると、常に新しい細胞のままなので、腐ることもなくいつまでもみずみずしいままでいられる。

というっことのようです。

まるで、ラプンツェルの魔女のようなお話で、信じられない!

ですよね。

2.幹細胞培養液には種類がある


1植物由来の幹細胞

リンゴが腐らないのは、この植物由来の幹細胞培養液。

今までは、こちらの植物由来の幹細胞培養液を使った化粧品だったようですが、

でも、やはり植物は植物のもの。

ヒトの細胞とは一致するわけもなく、リンゴのようにはならなかったみたいです。

(プラス、ヒトの幹細胞は許可が下りてなかったのかも)

 

 

2ヒト由来の幹細胞

 

ヒト幹細胞 幹細胞コスメ ヒト幹細胞美容液 エイジング ビタミンC誘導体 ディアガイア セルリファクター エイジレスナイトリペアエッセンス(20ml) エイジングケア スキンケア 化粧品 導入液 ブースター 無添加

価格:13,200円
(2019/11/17 15:03時点)
感想(3件)

やはり、ヒトにはヒトのもの。

ヒトのものでなければ、一致はしないということですね。

最先端の研究、技術の進化によって、化粧品にも使えるようになって発売されています。

そして、使ってみました。

GOOD!!!

やめられない!!!

すっごくいい!!!

 

植物由来、ヒト由来っていうのはわかったけど、幹細胞の化粧品ってなによ~?使って平気なの?


話を聞いていると、なんとなくわかったような感じになって、「いいかも?!」と思ったりしませんか?

と、同時に、ノーベル賞をとったIPS細胞みたいな、細胞の入っている化粧品???って思ったりもしませんか?

そして、つぎに考えることが、

「なんか怖い!!!」

「使って平気なのかな?」

なんて思ったりしませんか?

私は思いました。

で、色々調べてみて、今日ここに書いています。

安心してください。

IPS細胞のように、なんらかの作られた細胞が入っているわけではありません。

そして、安心とともに、なんかちょっとがっかりした感じになりました。

ヒト幹細胞培養液とは、細胞を育てる栄養分の入った液=単純に栄養素の液体

詳しく説明すると、幹細胞を育てる時に、幹細胞から培養液に栄養分が分泌され、その栄養分が入った培養液が、細胞を育てていく。

細胞を育てる栄養分が入った培養液が化粧品に使われている。

なので、その培養液が使う人のお肌を育てるというメカニズム。

 

ヒト幹細胞にも種類がある


ヒト脂肪幹細胞培養液


化粧品に使われているのは、ほとんどがヒト脂肪幹細胞培養液です。

ヒトの皮下脂肪から作り出す培養液なので、量が作りやすいんでしょうね。

臍帯幹細胞培養液


臍帯から作られるもので、プラセンタが有名ですが、臍帯の幹細胞培養液もあるようです。

でも、臍帯自体貴重なものですし、本当に必要な医療現場のほうに流れているのでしょう。

化粧品では見つけられませんでした。

歯髄幹細胞培養液


ある一部の美容外科で独自に使われているようです。

 

いろいろあるヒト幹細胞培養液化粧品


調べてみると、沢山のヒト幹細胞美容液が売られています。

お値段も、手が出ないお値段から、これぐらいだったら!と思える値段まで幅広くあります。

お値段の差は、ヒト幹細胞の配合量の違いらしいけど、配合量の違いでどれだけの違いが出るのかも調べてみましたが、そのエビデンスが載っているものは見つかりませんでした。

ということは!

高価=高濃度=効果増大

ということではない!と思います。

「薬だったら、この量を飲まなければ効かない。」

と、量が決められていることを考えると、

効果への量が決められていないということは、幹細胞培養液が入っていればいいんだと思います。

例え、少量しか入っていなくても、効果は絶対にあるはず!

高い化粧品で続かないのより、続けてられるお値段の化粧品を続けているほうが、絶対に効果が期待できるはずです。

 

私が使ってみた感想・これが大事でした!


私が実際に使ってみた感想、これが一番大事でしたね!

使ってみて約1ヶ月。

はっきり言って、ネットの広告に載っているように、つるんつるんなんてことにはなりません。

あれは、かなり加工した写真とかを載せているんでしょうね。

ネット広告のように嘘くさいのはおいといて、

1週間ぐらいたったころ、なんか、お肌のトーンが明るくなってきて、自分が綺麗になったように見えました。

見間違い、勘違い、思い込みではありません。

確かなる効果を実感しました!!!(*´▽`*)

きっと肌のトーンの違いは誰でもすぐに実感できると思います。

そして、今では、毛穴のぽつぽつ感もちょっと少なくなってきた感じ。

ニキビとかのCMじゃないけど、毎日鏡を見るのが楽しみになってきました。(*´▽`*)

もうちょっと頑張ってつかったら、毛穴のぽつぽつ感もなくなってくるような気がします。

お勧めのヒト幹細胞培養液の化粧品


ディアガイアの化粧品ならば、店舗販売していて、新宿の京王百貨店、マロニエゲート銀座でも取り扱いしているので、安心して買えるかなと思うのでおすすめです。

ヒト幹細胞 幹細胞コスメ ヒト幹細胞美容液 エイジング ビタミンC誘導体 ディアガイア セルリファクター エイジレスナイトリペアエッセンス(20ml) エイジングケア スキンケア 化粧品 導入液 ブースター 無添加

価格:13,200円
(2019/11/17 15:03時点)
感想(3件)

「ほんとかなぁ~」

と、半信半疑になるかもしれないけど、使って試してみてください。