パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.3 海

 

志乃です。

到着日のビール調達のことをちゃんと考慮しておかなくては!!と勉強になりました。

ビールで困ったのは今回の旅行で初めてでした。




今まで、よく困らなかったものだ!!と感心。。プラス、なぜ困らなかったのかな?わからない・・・

ダイビング一日目


朝6時に起きて、ホテルを出て、近くの同系列のホテルのレストランで朝食。

パラオのパン、単なる食パンですが、美味しいんです!!

ちょっと甘めの食パン。この食パン買って帰りたい(*´▽`*)

と思いながら、あと4回食べられます。。

雨季で夏休みも終わった9月。

ダイビングをする人もほとんどいません。。。

志乃としては、他の人に迷惑をかけなくて済むからちょっとホッ。




1本目 ジャーマンチャンネル

チンアナゴ=spotted garden eel

可愛いです。。だ~い好き(*´▽`*)

なんか癒されますよね。

なのと、ちょっとひっこぬきたい衝動も。。。

2本目=ブルーコーナー

え~~~(;゚Д゚)。この私をブルーコーナーに連れて行くの???

雨季ってブルーコーナーって行けないんじゃないの?!

しかも、1本目で私のスキル見ているよね?!

潜行、大変なんだよ?!

マイバディに引っ張ってもらって沈めてもらってるんだよ?!

見て知っているよね?!

私の心配はよそに、船はブルーコーナーに向かっています

パラオの湾内から外洋に出る時、船同士のジェスチャー会話。

「kill you」

このジェスチャーを見たのは私だけ?

その後この意味が分かりました。。




海は大荒れ!!!!

船に乗っていて、見上げるばかりの波。

絶対沈没する!!と思うくらいのおっきい波です。

それも、一方向からではなく、方向性もなくあちらこちらから船に向かってくる波です。

船の周りはどこを見ても、波の壁。壁。壁。

波に囲まれ、もみくちゃにされている船っていう感じ。

「kill you」

こういう意味だったんでしょう!

だって、他の船はいないもの・・

この大荒れの海の中、潜行の苦手な私を連れて行く???

ありえな~い。。。

根本、あり得ないダイビングの経験のほうが多い志乃だけど、あり得ないダイビングに追加項目です。

雨季は行けないと言われているブルーコーナーに行けるのはいいんだけど。。。

大丈夫かぁ~~~???


と思っている間にポイントに到着。

相変わらず見上げるばかりの波。

船は波でよたる。よたる。

よたりながら、準備をはじめ・・・

タンクを背負い海に入るしかない!!!

「もう、どうにかなるだろう!!」

いざ海へ!ジャボーン。。




エントリーしてわかりました。

ガイドさんは、私を沈めてしまえばいける!!と最初から考えていたみたいです。

エントリーして、こっちにこいとガイドさん。

波にもまれる前にっ引っ張って沈めてくれました。

潜ってしまえば海の中はとっても穏やか。。

上と下ではこんなにも違うなんて。。

ちょっとの水深の違いで流れも違うから、常にガイドさんと同じ水深で!と言われる意味がよ~く分かりました。

まだ43本。

カメラを取り始めたのも30本過ぎたころから。

それも10年以上昔のお古のカメラデビューです。

パラオの海の青さだけは表現できているつもりです?!(;・∀・)

3本目=ジャーマンドロップオフ


ダイビングとしては行きたいポイントが減ってしまうけれど、雨季の時でも、晴れ間もあって、光も入ります。




ショップに戻ってから。。。

「えっ!!!ブルーコーナーに行ったの???!!!」

「も~無理しないでよ~」

と言いつつも、、、地元で育って、海を知っているだけあるからね。。と。

「まっ、行けると思ったんでしょう。」

「今日は行こうと思えば行けそうな感じだったし」

「だったら、ついでにブルーホールに行ってしまえば?!」

それの返事は

「ブルーホールに入ったら、洗濯機だよ」

【次回へ^^】

【パラオダイビング(初)志乃の癒し】

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.1

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.2 ホテル

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.3 海

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.4 海

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.5 海

パラオダイビング(初)志乃の癒し Vol.6